光触媒アートフラワーアレンジメント【高級造花インテリア九谷焼染付銀彩瓔珞文】
型番:kutani011

18,300円(内税)

購入数
< HOMEへ戻る
光触媒加工された造花のアレンジメントです。九谷焼の真髄ともいえる「染付の美」を堪能していただけるかと思います。 上品で優美な瓔珞文様は、染付の名手・宮吉ゆみこさんによるものです。胡蝶蘭の為に描く花器を何度も試作しここに完成させました。土からデザインそして焼き上げまで、九谷焼の本流の 系譜で仕上げました。 花器の価値は、実物を手にとれば「手描き」であることや、「藍色と銀彩」の美しさで ご理解いただけるかと思います。 そして、シンプルでエレガントな胡蝶蘭を入れることで、花器とのバランスを とりました。 優美なデザインの花器とシンプルで高貴な胡蝶蘭の造花が、高級感あふれる九谷焼の アートフラワーインテリアとして認知されるかと思います。 吉祥文様と「幸せが飛んでくる」という言葉の胡蝶蘭の縁起の良さも魅力です。 ご自宅に、贈り物にいかがでしょうか。当店だけの至極の逸品です。 (胡蝶蘭の色は、画像より若干紫がかっています。)
高さ43cm/横28cm/奥25cm

伝統工芸士:宮吉ゆみこ(由美子)
染付を得意とする九谷焼工芸作家。宮吉ゆみこ(由美子)の描く「染付銀彩瓔珞文」は 現代九谷焼の中でも、絶大な人気を得ている秀逸な文様です。 生家が製陶所ということもあり、高温で焼き上げる工程も自在であり、また金沢美術工芸大学元学長であり九谷焼の巨匠 北出不二雄先生に教えを受けたことにより、美術工芸品としての九谷焼への愛情も深いようです。陶歴は以下の通りです。

金沢美術工芸大学
工芸科陶磁器コース卒業
平成10年
九谷伝統工芸展入選
平成11年
日本橋高島屋で二人展
平成11年
小田急百貨店町田店で個展
平成12年
日本橋高島屋で二人展
平成14年
名古屋松坂屋本店で二人展
平成19年
東京京橋「東京近代美術倶楽部」で同級生三人展
平成21年
伝統工芸士認定
平成22年
阪神デパート(大阪)「九谷焼伝統工芸士女流展」
平成23年2月
池袋東武デパート「九谷焼伝統工芸士展」
平成23年10月
阪神デパート「九谷焼伝統工芸士女流展」
平成23年12月
池袋東武デパート「九谷焼伝統工芸士展」
営業日14時までにご注文で即日発送