光触媒とは

光触媒の原理・光触媒造花の効果とお手入れ方法を簡単にご紹介!

光触媒ってなあに?

what 光触媒とは?

自身は反応の前後で変化しないで、太陽などの光エネルギーを利用して、反応を促進する効果のことです。

principle 光触媒の原理

光触媒は紫外線が当たることにより2つの力を発揮します。

分解性の原理
紫外線の力で臭いや雑菌を分解します

臭いやシックハウスの原因となる有害物質、細菌・雑菌を分解・消滅させ、衛生的でクリーンな環境を提供します。

親水性の原理
水の力で汚れを流し落とします

光触媒の親水性を活用するセルフクリーニング効果により、水の力で汚れの除去や退色防止に役立ちます。

光触媒を増加にコーティングするとどんな効果があるの?

effect 効果

光触媒を専用噴霧器で丁寧にコーティングすることにより、色褪せしにくくホコリなども寄せつけません。
また、お花の表面に太陽光が当たることにより、光触媒作用が働き、不快な臭いの原因となる有機物や細菌が酸化分解されます。

1.ほこり防止

光触媒を丁寧にコーティングすることにより、お花の表面が帯電せず、しかもオイルミスト(油の粒)などの有機物を分解するのでホコリを寄せつけません。

2.色褪せ防止

溶剤を含まない水主体の中性で安全な無機の水溶性コーティング剤のため、塗膜性能に優れ光照射下でも剥離せず、紫外線から着色層を守ります。

3.汚れ防止

光触媒作用により、たばこのヤニ等の有害物質が付着しても分解・除去できます

4.耐久性

ほこり防止・色褪せ防止・防汚効果と共に優れた塗膜性能により長期に光触媒効果を持続し、劣化を抑えることができます。

5.消臭・シックハウス・抗菌

光触媒作用により、たばこ・ペット・汗等の不快な臭いの原因となる有機物や、シックハウス症候群となるホルムアルデヒド・トルエン等の原因物質、雑菌・細菌も分解・消滅します。
■ 消臭・シックハウス・抗菌効果に関しては、お花の大きさ・光量・照射時間・ご使用場所等の条件により異なります。
試験データ
基材:硬質塩ビ板(100×100mm)
試験ガス:アンモニアガス(5リットルガスバッグ)
    :ホルムアルデヒド(5リットルガスバッグ)
測定器:検知管
光源:ブラックライト1.0mW/c?場所:広島県環境保健協会
基材:硬質塩ビ板(5×5cm)
試験菌:腸管出血性大腸菌O157
光源:ブラックライト1.0mW/c?場所:広島県環境保健協会
注)このデータ・文書・画像を無断で使用することを固く禁じます。

光触媒の効果を高めるには?

maintenance お手入れ方法

当店の光触媒造花は、ホコリを寄せつけやすいという造花の問題点を解決しました。
光触媒を専用噴霧器で丁寧にコーティングすることにより、お花の表面が帯電せず、しかもオイルミスト(油の粒)などの有機物を分解します。
これにより、ホコリを簡単に払うことができるので、柔らかい筆やティッシュなどでお手入れしてください

place 飾る場所

光触媒効果(消臭・抗菌・防汚)は、紫外線が当たることによって効果を発揮しますが、光量・照射時間・ご使用場所等の条件により異なります。
リョクエイの光触媒溶液は、屋内専用の銀ゼオライトとのハイブリット溶液で蛍光灯などの紫外線でも効果は得られます。
より一層効果を高めるため、お花の表面に充分な紫外線が当たるように、できるだけ太陽光の当たる窓辺や蛍光灯から近い場所に飾って下さい。
< 戻る
営業日14時までにご注文で即日発送